• 脂漏性皮膚炎チェック
  • フケ症患者さんへのメッセージ
  • 水虫ちゃんねる 皮膚科専門医による水虫・爪水虫の医療情報サイト

Q11 最近増えている「頭の水虫」とは?

「頭の水虫」の原因は……?

水虫は皮膚糸状菌(白癬菌)というかびによる皮膚病で、このかびは皮膚の角層(垢(あか)となって落ちるところ)に寄生します。毛や爪は角層が変化したもので、髪の毛に寄生したものは「しらくも」と呼ばれています。頭の水虫は現在まれです。

また、10〜20年前はイヌ小胞子菌(ミクロスポルム・カニス・犬や猫に皮膚病を起こす菌)(写真1)によるものが多かったのですが、ここ2,3年前よりトリコフィトン・トンズランス(水虫の原因菌の1つ・写真2)によるものが、特に学校の柔道部員に増えています。

  • <写真1>
    ミクロスポルム・カニスという白癬菌
  • <写真2>
    トリコフィトン・トンズランスという白癬菌

「頭の水虫」の症状は……?

頭の一部で髪の毛が薄くなり(脱毛斑・だつもうはん)、そこに細かいフケがみられます。脱毛斑内の毛は抜けやすく(写真3)、特にトリコフィトン・トンズランスによるものでは毛が根元で切れ、残った毛が黒い点にみえることがあります(写真4)。症状は軽いため、放置している人が多いのですが、脂漏性皮膚炎やフケ症と誤診され、ステロイドの外用が行われると、おできのように赤く腫れて痛くなり、膿(うみ)をもつようになります(写真5)。

  • <写真3>
    頭部浅在性白癬(頭の水虫)
  • <写真4>
    ブラック・ドット・リングワーム
    (black dot ringworm)
    毛が根元で切れて、残った毛が黒い点にみえる頭の水虫
  • <写真5>
    ケルスス禿瘡(とくそう)
    ステロイドなどを使用し、おできのようになった頭の水虫

「頭の水虫」の治療方法は……?

白癬菌が頭皮についているだけの状態ではケトコナゾールなどの水虫の薬を塗ったり、水虫の薬を含有するシャンプーで洗髪するだけでよくなることがあります。しかし、白癬菌が毛まで感染していると、ぬり薬ではかえって悪化してしまうことがあるので、治療の原則は、飲み薬を飲むことです。以前は治療に2~3カ月かかりましたが、最近はイトラコナゾールやテルビナフィンという飲み薬が登場し、1~2カ月の治療ですむようになりました。

「頭の水虫」の予防方法は……?

まず感染者の治療を行うと同時に、タオルや帽子、くしの共用を避けることが大切です。ミクロスポルム・カニスによる場合は、感染源になっている犬、猫の治療を行うと同時に、これらの動物にふれないようにします。トリコフィトン・トンズランスが原因となる場合、感染力が強い割に症状がはっきり出ません。運動部員内で症状が出た人がいた場合は、接触した全員が予防として抗真菌薬剤を使用したり、水虫の薬を含むシャンプーで洗髪した方がよいと思われます。

ご解答いただいた先生

渡辺晋一先生
帝京大学医学部皮膚科教授
渡辺 晋一先生