• 脂漏性皮膚炎チェック
  • フケ症患者さんへのメッセージ
  • 水虫ちゃんねる 皮膚科専門医による水虫・爪水虫の医療情報サイト

Q4. かゆみがひどい場合にはどうしたらよいでしょうか?

炎症を抑えることが重要

かゆみがひどい場合は、皮膚に強い炎症が起こっている可能性が高いでしょう。その場合、大切なのは、もっと強い炎症を誘発することになりますので、頭皮を掻いたり、ブラシでこすったりしないことです。そして、まず、無難な対処方法は、頭をやさしく洗い、最後に冷たい水で冷やしたり、氷枕などで冷やしたりするのがよいでしょう。

薬剤の使用は専門医に相談を

さらに、皮膚科専門医などから、すでに適切な治療薬が処方されている場合には、その指示にしたがいましょう。ただし、その薬剤があわないと思う場合には、使用を中止して、なるべく早い時期に改めて専門医に相談してください。なお、脂漏性皮膚炎以外にも、下に示すような種々の疾患が知られていますので、不審に思った時点で、信頼できる皮膚科専門医へ相談されるようおすすめします。

症状がひどくなったときは

また、カブレをひき起こすほどではなくても、整髪料など、種々の物質が皮膚に付着すると、刺激となって症状が悪くなることもありますから、心当たりのものは使用を控えた方が無難です。いずれにしろ、少しでも疑問に感じたら、皮膚科専門医が診療する医療施設にご相談いただくのが無難です。

症状がひどくなる原因

1) 接触皮膚炎(カブレ)

毛染め、整髪料、育毛・養毛剤、香料、各種化学物質、外用剤など種々の物質が頭皮に接触して強い反応を起こすことでできます。

2) アトピー性皮膚炎

通常頭部だけでなく、身体の他の部位に特徴的な皮膚炎があり、しばしば、鼻炎、結膜炎、喘息の既往症を伴っています。

3) その他

まれですが、尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん:特殊な慢性の皮膚疾患)、頭部白癬(シラクモ:水虫と同じく皮膚糸状菌(白癬菌)というカビの仲間で起きる)、しらみ症(卵を発見するだけで必ずかゆいとも限りません)などでかゆくなることがあります。

ご解答いただいた先生

五十棲健先生
東京警察病院皮膚科部長
五十棲(いおずみ)健先生