• 脂漏性皮膚炎チェック
  • フケ症患者さんへのメッセージ
  • 水虫ちゃんねる 皮膚科専門医による水虫・爪水虫の医療情報サイト

Q7. 乾燥肌の場合も脂漏性皮膚炎になるのでしょうか?

乾燥肌でも脂漏性皮膚炎は起こります

20代後半から30代の女性を例に取ると、目のまわりからほお骨の出っぱったところのように、皮脂を分泌する皮脂腺が少ない場所は乾燥し、額や鼻のまわり、顎のあたりは脂っぽいという方がいます。このような肌を混合肌と呼ぶことがあります。混合肌の場合には、乾燥しているのに皮脂の分泌が多いという一見矛盾した状態になります。実際に、脂漏性皮膚炎と同様に皮脂に関係する身近な疾患であるニキビを考えてみると、20代後半以降の女性には乾燥肌でニキビのある人がたくさんいます。

50代の男性を例に取ると、足のすねの所は乾燥し、湿疹ができてかゆい位なのに、頭部には脂漏性皮膚炎があることがあります。すねには皮脂を分泌する皮脂腺が少なく、頭部には多いために起こります。

このように身体の部位によって皮脂の分泌量は全く異なり、その結果、乾燥肌なのに脂漏性皮膚炎ができるのです。

皮脂分泌大→脂漏性皮膚炎 皮脂分泌小→乾燥(湿疹/かゆみ)

乾燥肌の治療も脂漏性皮膚炎と同様に

これら乾燥肌の脂漏性皮膚炎の治療は、通常の脂漏性皮膚炎と同様です。ケトコナゾールクリームを外用するか、もしくはステロイド外用剤を使用することになります。スキンケアとしては、脂漏部位では余分な皮脂を取り除くために、洗顔・洗浄・シャンプーなどをしっかりと行うことが重要です。必要であれば入浴後に、乾燥する部位に保湿クリームなどのスキンケアを追加することとなります。

ご解答いただいた先生

林伸和先生
虎の門病院 皮膚科部長
林 伸和先生